横浜にお墓を持つ魅力

政令都市であり、国内の市町村において最も総人口の多い横浜市。横浜市は、東京23区ほど住居費がかからず、それでいて都心へのアクセスに便利な土地であるために、都内で勤めている人にも人気のある地域です。

横浜の暮らしやすさと人当りの良さ

横浜市に住んでいる人の多くが、親子2代、3代にわたり横浜に住んでいます。これは、横浜の暮らしやすさから、子どもが成人し、一人暮らしをしたり結婚をしたりしても、地元横浜から離れることが少なく、引っ越し先が近所であることが多いからです。
一方、他の市町村から横浜に転入してくる人も数多くいます。横浜市に住んでいる人のことを「ハマっ子」と呼んでいますが、3日住めば「ハマっ子」といわれるほど、開放的で親しみやすい雰囲気であることも転入者に人気のある理由です。

児童から高齢者までが暮らしやすく生きやすい横浜

横浜という場所が暮らしやすい理由には、緑が多いこと、商業施設が近所にあること、小学校から高校までたくさんの学校が設置されていること、交通の便が良いこと、医療施設が多数あることなどが挙げられます。
また、横浜市は都心部を中心に深刻な問題となっている保育園の待機児童数が平成25年4月にゼロとなり、平成26年では幼稚園預かり保育や横浜保育室、家庭的保育事業などを増設し、前年以上の児童の受け入れが可能となっています。そして、高齢者福祉にも力を入れており、就職やボランティア活動支援に老人クラブ助成、指定の文化施設や飲食店などで割引優遇などを受けることができる「濱ともカード」の交付も行っています。

住みたい街ランキングでも上位にランクイン

横浜で生活するメリットの高さから、不動産関連会社やマスコミなどが実施している住みたい街ランキングで横浜市が上位にランクインすることが多くあります。
山下公園や横浜中華街といった観光スポットに、歴史的建造物であり横浜三塔と呼ばれるキングの塔(神奈川県庁本庁舎)・クイーンの塔(横浜税関)・ジャックの塔(横浜市開港記念会館)は、横浜市民の間でも人気の高い建物で、子どもの頃から近所を散歩していたという声が多く聞かれます。横浜は永住するのにとても良い環境であり、横浜に一度住むと、横浜を離れることが困難になるほど魅力のある土地です。

横浜市民が横浜市内にお墓を持つメリット

横浜市内には多くの霊園があります。横浜は幼児から高齢者にまで優しい地域であるために、市内に住んでいる人であれば、市内にお墓を持つことが多く、また、先祖代々のお墓が他の土地にある場合でも、これから何十年先のことを見越して横浜に改葬することもあります。もちろん、都内に在住している方が横浜にお墓を持つこともあります。都内から横浜市は、車でも電車でも簡単に往復でき、お墓にかかる費用もだいぶ抑えることができるからです。
住居地からお墓までの距離があると、お参りできる回数も限られ、また子どもが学生であるうちは、子どもがひとりでお墓参りをするような機会に恵まれないかもしれません。

お墓参りは、現代を生きている人たちの心の支えになります。お墓参りに行きたいと思ったときに行くことができる環境であることが大切です。横浜にお墓を持つことは、横浜に住むと同じくらいのメリットがあります。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。