横浜の永代供養墓

お墓には一般墓と永代供養墓と呼ばれるものがあります。簡単に説明すると、先祖代々にわたって家族や親族に守られていくお墓のことを一般墓といい、お墓を守る家族や親族がいなくても霊園の管理者などによって供養されるお墓を永代供養墓といいます。

永代供養墓という選択

永代供養墓

永代供養墓

古くからある霊園に足を運ぶと、手入れがされておらず墓石が倒れたり、割れたりしているようなお墓を見かけることがあるかと思います。そのようなお墓の中には、お墓を守る承継者が途絶え、無縁化したお墓もあります。
無縁化の理由には、お墓が遠い、子孫が途絶えたなどがありますが、お墓を持つ人の中にはこのような事態を避けるために永代供養墓を選択される方もいます。ただし、永代供養墓といっても、お墓に入った当初と同じ状態で永久に供養し続けてくれるということではありません。永代供養墓を希望される場合には、霊園によって供養方法はまったく異なるので、しっかり確認する必要があります。

横浜市内にある永代供養墓の形態

骨壺のまま納骨される方法と遺骨を布袋に入れて納骨される方法があります。
また、納骨後の遺骨の扱いも納骨当初と同じ形態を保つ期間が霊園や納骨プラン(契約期間)によって異なり、短いところであれば、1年経過後に納骨堂から取り出され合葬墓に埋葬されるところもありますが、長いところであれば30年経過後に取り出されるところもあります。

永代供養墓の費用については、霊園や納骨プランによって異なりますが、30~50万円ほどの準備があれば、多くの霊園の中から希望に合ったところを選ぶことができます。また、費用を可能な限り抑えるためには、最初から合葬墓に埋葬する方法もあります。横浜市内でこのような埋葬ができる霊園は限られていますが、この方法であれば相場は10~20万円ほどです。

家族や親族のための一般墓

永代供養墓は、お墓参りができる人がいない場合には、合理的ともいえる供養方法かと思います。しかし、もし故人のご兄弟やお子様、ご親族がいらっしゃるのであれば、家族代々使える一般墓をおすすめします。一般墓は永代供養墓ほどに費用を抑えることはできません。また、お墓参りできる人がいなくなった場合には無縁仏になる可能性もありますが、それが直近のことであるケースは少ないかと思われます。お墓は故人が眠る場所でもありますが、故人の家族や親族にとっても大切な場所です。目まぐるしく移り変わる時代の中でも、お墓参りをしたいと思う家族や親族の気持ちは変わってはきませんでした。

話し合い

お墓参りによって親族が集まり、楽しい時間を過ごすこともできます。また、将来自分が入れるお墓があるという安心感を持つ人もいます。お墓は一代限りのものではなく、家族代々に渡って守り、利用していくものです。永代供養墓を希望されている方も、一度家族や親戚の方と一般墓についての相談をされるといいかもしれません。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。