お盆

お盆は、ご先祖様があの世から戻り、家族とひとときを過ごすという日本古来の行事です。

お盆の期間は、旧暦の7月15日を中心とした13日~16日の4日間です。
現在では、ひと月遅い8月15日を中心に盆行事を行うのが一般的になっています。これは明治時代に新暦が採用され、当時国民の8割を占めていた農家の人々が、7月の農作業の最も忙しい時期と重なるため、お盆をひと月遅らせ、ゆっくりとご供養できるようにしたためと言われています。

4日間という限られた期間、出来る限り長くご先祖様と過ごせるように家に迎えるときは足の速い馬を、送るときはゆっくりと帰ってもらうように牛を、それぞれを模したキュウリやナスを仏壇のそばや戸口などにお供えします。

お盆初日の13日は、ご先祖さまを迎える日なので『迎え盆』と言い、提灯に迎え火を灯します。迎え火は、灯りを頼りに戻るご先祖様への目印となります。
最後の16日は、ご先祖様を送る日なので『送り盆』と言い、送り火を灯します。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。