四十九日

四十九日(しじゅうくにち)とは、忌日法要行うことで成仏し極楽浄土に迎えられる日と言われています。故人が亡くなった後、七日~四十九日までは故人が現世と来世を彷徨い、この間に遺族がご供養を施すこととなっています。

四十九日は来世の行き先が決まるもっとも重要な日で、故人の成仏を願い極楽浄土に行けるように法要を営みます。葬儀のときの白木の位牌は仮のものですから、四十九日法要までに本位牌を準備します。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。