ゴミ箱には捨てにくいお守りの正しい処分方法とは?

お守りは、神社やお寺に宿る力を小さな袋に入れて常に持ち歩くことで、さまざまな災難から身を守ったり、願いを叶えたりといった効果があると言い伝えられています。そのため、不要になったからといって、可燃ゴミと一緒に処分してしまうのは、心置きないと感じる人も多いのではないでしょうか。「お守りを粗末に扱うと罰が当たる」といった説もあり、処分すべきかどうか悩むところです。ここでは、お守りの正しい処分方法とその時期についてご説明いたします。

お守りの有効期限

基本的には、お守りに宿った力に「有効期限(お守りの効果が発揮される期間)」はないと考えられています。ただし、1年も経過すれば、日々受けてきた災厄によってだいぶ汚れてしまいます。お守りの効果を十二分に発揮するためには、購入から1年を目安に、新しいお守りを交換することをおすすめいたします。
合格祈願や安産祈願などのお守りは、願いが叶った段階で役目を終えたと考えて良いでしょう。

お守りは神社やお寺に返納する

購入から1年が経過したもの、または願いが叶って役目を終えたお守りは、購入した神社またはお寺に「返納」し、「お焚き上げ」をしていただくのが良いでしょう。可燃ゴミと一緒に処分したり、埃をかぶった状態で放置したりするなど、安易な扱いは避け、これまで守ってもらった感謝の気持ちを込めて返納するようにします。
返納先にも注意が必要です。神社で購入したお守りは神社へ、お寺で購入したお守りはお寺へ返納するようにします。神社で購入するお守りには神様の力が、お寺で購入したお守りには仏様の力が宿っているため、返納先を誤ると失礼に当たるとされています。
購入した場所が遠い場合は、郵送で返納するか、近所の神社やお寺に持参します。なかには、境内に「古神札納め所」を設置している場合もあり、紙袋などに包んで置いてくれば、順次お焚き上げをしてもらえます。年に数回お焚き上げをしている神社仏閣もありますので、最寄りの神社などに相談してみるのもよいでしょう。

お守りを自分で処分する方法とは?

神社やお寺に返納しづらい、なかなか時間がとれない場合は、自分で処分する方法をおすすめします。白い半紙にお守りを置き、粗塩を振りかけてお清めをした後、火の粉や灰が飛び散らないように配慮しながら燃やします。残った灰は、「海に返す」イメージを持って水道で流してしまっても構いませんが、感謝の気持ちを込めて土の中に埋めるのも良いでしょう。
もし、ご自宅で火を扱うのに不安がある場合は、お守りと粗塩を半紙で包み、可燃ゴミとして処分するようにします。本来の方法からはだいぶかけ離れている分、心を込めて丁寧に扱うことが大切です。

不要になったお守りは、処分するのではなく、感謝の気持ちを込めて神社やお寺に返納するのが昔ながらのマナーです。古いお守りの処分に困った際には、上記を参考にしながら返納するようにしましょう。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。