人形供養とは? 大切な人形やフィギュアの供養方法

子供の頃、肌身離さず持ち歩いていた人形やぬいぐるみは、大きくなって役目を終えても、愛着があってなかなか手放せないものです。そんなときは、神社やお寺で供養(人形供養)してもらい、大切なお別れの時間を一緒に過ごすというのはいかがでしょう。

人形にも魂は宿る?

日本では、はるか昔から「物にも魂が宿る」と信じられてきました。特に、顔のある人形やぬいぐるみは、持ち主の感情だけではなく、言葉や思考、性格も乗り移りやすいと言われており、時が経つにつれて、自分自身の分身のように感じられることも珍しくありません。嬉しいときも悲しいときもずっとそばで見守ってくれる「家族」のように、大切に扱っていた人も多いはずです。
また、人形はときに自分の身代わりとなって災いを引き受け、汚れを遠ざけてくれるとも言われています。良き話し相手として、関係性が深まれば深まるほど、そのような思いも強くなってくるでしょう。人形供養では、人形に宿った魂を抜き取ることで、長年背負わせきた務めから解放し、感謝とねぎらいの気持ちを伝える儀式と考えられています。

人形を供養する方法

人形を供養するには、人形供養を行っている神社やお寺に問い合わせた上で、直接持ち込むのが一般的です。供養当日には、供養する人形やぬいぐるみと供養料(一体につき5,000円~30,000円が相場)を持参します。預ける前に人形と最後のお別れを済ませ、埃や汚れを拭ってできるだけきれいな状態にしておきましょう。
直接持ち込みが難しい人には、宅配便等を使って供養してもらい物を納める方法があります。事前に、電話またはファックスで事前申し込みを済ませてから、決められたサイズの段ボール箱に人形と供養料を同包します。

人形の供養における注意点

神社やお寺によっては、供養できる人形の種類や大きさをあらかじめ限定している場合があります。雛人形や五月人形に限定して供養を行っているところもあれば、フィギュアや着せかえ人形、玩具なども対象としているところもあるため、事前に確認をしておきましょう。
また、ガラスケースに入っているものや、台座や刃物がついているもの、燃えないゴミに指定されているものを対象外とする場合もあります。対象外となっていても、「思い入れのあるもの」「亡くなった家族の遺品」等、特別な経緯があれば個別に応じてくれる可能性がありますので、遠慮せずにまずは相談してみましょう。

大切に使っていた人形、フィギュアは、感謝の気持ちを込めて供養してあげるようにしましょう。手放せずに困っていたものも、手厚い供養により清々しい気持ちで送り出すことができます。まだ幼い子供たちにとっては、物を大切にする気持ちを教える上で大変貴重な体験となることでしょう。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。