使い古したぬいぐるみの処分方法

子供の頃に遊んだぬいぐるみなど、なかなか処分できず部屋の片隅で埃を被っているものはありませんか。
ぬいぐるみは、汚れたまま放置するとカビ・ダニの温床となってしまいます。たとえ不要となっても、ただ処分するというのはなかなか難しいものです。思い出や愛着のあるぬいぐるみに感謝の気持ちをこめて、きちんと手放す方法をご紹介いたします。

ぬいぐるみが捨てにくい理由

ぬいぐるみを捨てようと思うけれど、躊躇してしまうときには、以下のような思いがあるのではないでしょうか。あなたの気持ちに当てはまるものはありますか。

「気持ちがあるような気がする」

捨てようと決心してぬいぐるみを手に取った途端「捨てないで……」と言われた気がしたり、こちらを見つめ何かを強く訴えられるような感じがすると、つい捨てるのを躊躇してしまいます。昔から、顔のある人形やぬいぐるみには、魂が宿ると言われていることもあり、無意識のうちにそのような感覚に陥ってしまうのも無理はないでしょう。心のどこかで、「捨てるのは可哀想」と思っていれば、なおさら視線を感じてしまうでしょう。

「縁起が悪いような気がする」

「ぬいぐるみを粗末に扱うと罰が当たる」というイメージがあり、ほかのゴミと一緒に捨てるなんてもってのほかと考えている人も少なくありません。

「愛着があって手放せない」

誕生日のプレゼントとしてもらったものや、旅の記念に購入したものなど、思い出がたくさん詰まったぬいぐるみを手放すのは何とも寂しいものです。また、幼い頃から親友のように接してきた愛着のあるぬいぐるみも、「処分=永遠のお別れ」のように感じてしまいます。

捨てられないぬいぐるみはどうしたらよいか?

それでは、上記のような原因で手放せないぬいぐるみを処分するにはどのような方法があるのでしょうか。

寄付する

必要としている場所へ譲る方法の一つとして、児童福祉施設や幼稚園、保育園などへの寄付が挙げられます。ただし、汚れが酷いものや、子供たちの好みに合わないものなどを無理矢理送るのは避けましょう。寄付する場合は、寄付される側のニーズを詳しく知っておくことが重要です。

オークションに出品する

人気のキャラクターや、なかなか手に入らないぬいぐるみは、オークションに出品すると高値で落札される可能性があります。出品手続きや落札された後の梱包に手間がかかりますが、リサイクルショップに持ち込むよりも高値がつきやすいメリットがあります。

神社やお寺で供養する

人形供養

ぬいぐるみと、きちんとお別れをしたいという人には、神社やお寺で行われる「人形供養」に持ち込み供養をしてもらう方法がおすすめです。人形供養では、僧侶にお経をあげてもらい、ぬいぐるみに宿った魂を抜き取ることができます(:魂抜き)。供養を終えたぬいぐるみは、自宅に持ち帰って普段通り処分しても失礼には当たりません。供養を行った神社やお寺で、お炊き上げ(火葬)してもらえる場合もあります。


大切にしていたぬいぐるみは、後になって後悔しないよう、納得の行く方法で処分するようにします。ぬいぐるみと過ごした時間の思い出を振り返りながら、感謝の気持ちを込めて処分するようにしましょう。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。