横浜で霊園見学をする時のポイント

霊園を選ぶときに重要だと言われるのが、見学です。実際に自分の目で見ることは、良い霊園選びにおいて欠かすことができません。例えば、車でお墓参りをされる予定があれば、霊園周辺の道路状況や霊園の駐車場の規模を確認することが大切です。また、パンフレットなどでバリアフリーと掲載されている霊園でも、全体ではなく一部分しかバリアフリーでないこともあります。
ここでは、どういったポイントを押さえて見学をすれば良いのか、そのコツをご紹介します。

横浜ならではのチェックポイント

横浜市は山を切り開いて開拓した地域であるため、横浜市内は緑が多い反面、坂道が多いという特徴があります。日常的に生活している分にはあまり気にならないことでも、お墓にはたくさんの方が訪れることを考えると、霊園の立地も気をつけなければいけないポイントとなります。
もし、車を利用しない方であれば、最寄り駅から霊園までの距離だけではなく、送迎車の有無を確認すると良いでしょう。霊園内にも坂があったり階段があったりすることもありますが、階段がなく可能な限り平坦な霊園を選べば高齢者の方だとしても安心して行くことができます。

車イスのまま墓参可能な園内

車イスのまま墓参が可能な横浜六浦霊園

また、最近では霊園のバリアフリー化も進んでいますが、車いすでもお墓参りができるような参道の広さが確保されているか、霊園の入り口からお墓の前まで、車いすでスムーズに入ることができるかも確認しましょう。


霊園選びは周囲のお店やビルにも要注意!

横浜市では、将来的に墓地に対する需要がどんどん伸びていくことが想定されていますが、
霊園新設を計画する段階で地域住民との折り合いがつかず、周辺住民との紛争にまで発展した経緯もあります。霊園は長く利用するものですから、このようなトラブルの有無を見学の前までに調べておくと良いでしょう。

また、見学の際には霊園の周辺環境への注意も必要です。お墓は故人やお墓参りをする人のために可能な限り静かな場所が望まれるので、周囲のお店などにも要注意です。昼間は静かな街であっても夕方をすぎると騒がしくなるような場所もあるので、可能なら明るい時間帯と暗い時間帯の両方に見学するのが好ましいでしょう。

横浜六浦霊園より海を望む眺望海を望む眺望【横浜六浦霊園】
海が見える霊園を希望する場合には、お墓の位置から海が見えづらかったり、住宅でお墓が陰になってしまったりすることもあります。実際に見学をしないと分からないことはたくさんあるので、必ず現地に足を運んで確認する必要があります。


パンフレットと違う!?見学の際に聞きたいお金のこと

霊園を選ぶときに、霊園や石材店が発行しているパンフレットやホームページなどを参考にすることが多いかと思います。ただし、これらには、費用について明確に書かれていないこともあり、とくに管理費の支払い時期や方法は霊園により異なるので見学の際に管理人に尋ね、同時に使用規約を見せてもらうと確実でしょう。そして、霊園によっては石材店の指定があることや宗教や宗派に制限があることもあるので、事前にきちんと確認してください。

お墓は、これから先何世代にも渡って残るものなので、最寄り駅から霊園までのアクセスや駐車場設備、霊園内のバリアフリーなどの立地条件は重要なチェック項目となります。
実際に見学に行ったことで見えることも多くあるので、いくつかの霊園を見学してから最終的にお墓の場所を決めることをおすすめします。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。