お墓参りから法要まで、初盆ですべきこと

毎年8月15日前後(旧暦の7月15日)、先祖に供物を捧げ冥福を祈る行事を「お盆」と呼んでいます。日本では、仏教が伝わる以前から、お盆の時期になると亡くなった人の霊が生前過ごした家に帰ってくると信じられており、様々な行事が行われていました。その風習と仏教の「盂蘭盆(うらぼん)」の行事が結びついたものが現在のお盆です。「初盆(はつぼん)」は、人が亡くなってはじめて迎えるお盆のことを言い、ほかのお盆よりも手厚い供養を行います。

初盆とは?

人が亡くなり、告別式や四十九日法要を終えた後、はじめて迎えるお盆を「初盆(はつぼん)」と呼んでいます。地域によっては「新盆(あらぼん、にゅうぼん)」と呼ぶこともあります。初盆だからといって、次に迎えるお盆とは違う迎え方をするわけではありませんが、初盆だけは親類や知人、友人を集め盛大に行うという習わしが今もなお受け継がれています。

初盆で準備すべきもの

盆棚(または精霊棚)と呼ばれる棚に位牌、生花等を並べ、両脇に盆灯を置きます。盆棚は、竹の支柱で手作りするのが昔ながらの方法でしたが、最近では、仏具店でも既製品が販売されています。盆棚を置けない場合は、仏壇の前にゴザを敷いた小さなテーブルを置き代用します。
生花には、トゲのない花を選ぶようにします。故人が好きだった花をお供えしても良いでしょう。地域によっては、ほおずきやガマの穂、枝豆を逆さに吊したものをお供えする地域もあります。位牌の前には、仏茶、仏飯器、杯を置き、その前に香炉、季節の果物などをお供えします。

最後に、「水の子」をお供えします。水の子は、お盆特有のお供え物で、きゅうりに爪楊枝を刺して作った「馬」と、同じくナスで作った「牛」の置物です。馬は、「馬にのって早く懐かしい我が家に帰ってきてください」という気持ち、牛は、「牛のようにゆっくりとお仏様の元へお戻りください」という気持ちを形にしたものと言われています。

初盆当日の流れ

・迎え火を焚く

辺りが薄暗くなってきたら、玄関の前で「迎え火」を焚きます。亡くなった人の霊は、迎え火の灯りを頼りに帰ってくると考えられているため、すっかり日が落ちないうちに、迎え火を焚いておくことが大切です。迎え火は、「おがら」と呼ばれる麻をお皿の上で焼いて火を灯すのが一般的ですが、藁を燃やしたり、ロウソクを用いる場合もあります。

・お墓参りと法要

お盆の中日(8月14日、15日)、家族や親戚が集まり会食を行います。会食を前に、お寺で法要を行い僧侶に供養をお願いする場合は、遅くてもお盆の一カ月前に予約をとっておくようにしましょう。

・送り火を焚く

お盆明け(8月16日)の夕方頃、玄関の前で「送り火」を焚きます。送り火は、亡くなった人の霊が迷わず仏様の元へ帰れるよう送り出す火のことです。できるだけ早く灯しておきたい迎え火に対し、故人の霊との別れを忍ぶ気持ちから「送り火は焦らずゆっくり焚く」習わしがあります。

初盆は、亡くなった故人にとっても、一度しか訪れない特別な日です。丁寧にお迎えすることが最大の供養となりますので、基本的なマナーや作法をあらかじめ身につけておくようにしましょう。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。