納骨に必要な手続き

納骨に適した時期や場所をご存知でしょうか。ここでは、おさえておきたい手続き関連の基礎知識を一覧にして紹介します。納骨を行うタイミングがきた時に、慌てなくてもいいよう正しい知識を身に付けておきましょう。

ご遺骨をお墓にお納めする儀式

納骨とは、その名前の通りご遺骨をお墓に納める儀式です。時期に関して明確な決まりがあるわけではないものの、四十九日や百カ日法要に合わせて納骨する方が多いようです。

ただ、お墓を購入される家庭だと、お彼岸や初盆に行うこともあります。地域や宗派によっては、あまり日が経ってしまうことを忌み嫌うことがあります。その場合は、早めに納骨を行うことも検討しましょう。

ただ基本的に納骨は、ご遺族の気持ちの整理がついてから行えば良いものです。大切な人とお別れする一つの区切りにもなるものなので、ゆっくりと日取りを決めていきましょう。

必要な書類と儀式の前の準備事項

お骨を納めるためには、公的機関が発行する「埋・火葬許可証」が必要です。役所に死亡届を提出すると、交付してもらえるのが通常で、火葬場でご遺体を焼いてもらう時に、火葬をした証明として印を押してもらいます。

書類の準備と合わせて進めるのが、納骨儀式の案内状の作成です。法要と合わせて行う場合は、その旨を追記すればかまいません。ごく近い関係の近親者のみで行うものなので、あえて書かずに済ませることもあります。

納骨をする日取りが近づいてきたら、会食などの手配をしましょう。お線香、お花、お供え物など、必要なものは事前に準備をおくことをオススメします。

お寺へのお布施の相場は、地域や宗派によって異なりますが、大まかには3万円~5万円と考えておけば良いでしょう。お寺によっては一定の金額を定めていることもあるので、予約の際に確認をしてください。

納骨式当日の準備と法要の流れ

では、納骨式当日はどのように進めていけば良いのでしょうか?ここでは、四十九日法要後に納骨を行う場合を例にとってご説明していきます。

基本的な納骨式の流れは以下の通りです。

四十九日の法要が終わったところで、施主の挨拶が入ります。挨拶の中で、霊園への移動を促してください。参列者が揃ったところで、僧侶に読経をお願いします。そして、ご焼香を行ってから、お骨をお墓に納めます。

最後にもう一度読経があり、再び順番に焼香します。お墓で行う法要は、これで全て完了です。参列頂いた親族に感謝を伝え、会食会場へと移動します。

参列する方の中にご高齢の方がいれば、椅子を用意すると良いでしょう。そして夏場であれば、日よけの準備も忘れずに。無事に式を終えることができるよう、臨機応変な対応を心掛けるようにしましょう。ただ、地域や宗派によって納骨式のやり方も異なってくるので事前に確認しておくと安心です。

また、新しくお墓を購入頂いた場合は、開眼供養を行うことがあります。納骨式と同じ日に行うことができるかをお寺に聞いておきましょう。

全てを把握していなくても、スタッフの方がリードしてくれるのでほとんど心配はいりません。初めての経験であれば、分からないことがあって当然。不安に感じることがあれば、遠慮せず聞いてみるようにしましょう。上記を参考にしつつ、抜けがないように準備を進めてみてください。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。