家族墓の種類やそれぞれの特徴について

家族のあり方が多様化する中、お墓のあり方もまた変わりつつあります。自分の生きた証を残すため、生前にお墓の準備をする方がいるほどです。ここでは、代表的な形式と特徴を紹介します。

ご先祖様と同じところに眠る家族墓

最も一般的とされる形は、家族墓。「○○家の墓」と墓石に刻まれるスタンダードなスタイルです。近世までの日本は土葬が中心で、一人一人がお墓を持つ「個人墓」が主流の時代でした。火葬の習慣の広まりとともに、家族で同じお墓に眠るスタイルが増えていきます。墓地にする土地の不足も、一因でしょう。

この形式を選ぶ理由は、人それぞれ異なります。ご先祖様とのつながりを大切にし、同じところに眠りたいと考える方が多いように思われます。お墓参りに行くことを、ご先祖様に会いに行くと表現するのも特徴です。今の自分があるのは祖先のおかげと考えて、代々お墓を守っていくことで感謝の気持ちを伝えます。

個人墓・夫婦墓・共同墓・同家墓とは

家族墓以外の形として、個人墓、夫婦墓、共同墓、同家墓があげられます。それぞれどんなものか見てみましょう。

個人墓

個人墓とは、自分専用のお墓です。核家族化の進行や単身世帯の増加を受け、個人単位の墓地選びも増えています。ご先祖様から引き継いだお墓があっても、自分らしいものを作りたいと考える方が見られます。

趣味や仕事の内容をデザインした独創的な形にしやすいのが大きなメリット。生前好んだ詩・歌詞を彫刻することも可能です。その場合は、著作権に注意が必要。ライセンス取得にかかるお金が彫刻費用にプラスされます。書体や彫刻を変えるだけでも、随分雰囲気が違います。細部にまでこだわって、納得のいく仕上がりを目指しましょう。

夫婦墓

夫婦だった二人が入るためだけのお墓です。「ふうふばか」もしくは「めおとばか」と呼ばれます。亡くなった後も、現世のパートナーと寄り添っていたいと考える方に選ばれる形です。

「○○家の墓」と刻む代わりに、二人の名前を彫るのが一般的。先にどちらか亡くなったときには、棹石の右寄りに戒名を刻みます。残された人が亡くなったときに左に戒名が並んではじめて、夫婦墓として成り立ちます。

共同墓

血縁関係を超えて、他人同士が一緒に祀られる形です。宗教法人や会社が名義人となります。

両家墓

二つの家庭が一緒に祀られるお墓です。一人娘がお嫁にいってしまった場合など、承継する家族がいない場合に適しています。


どの形を選ぶにしても、血縁者と相談して決めてください。亡くなった後、管理していくのは遺族です。自分の意思だけで突き進んでしまうと、残された人が困惑するケースもあります。

建ててから移転・引っ越しとなると、手続きが大変です。上記を参考にしながらご自身の状況に合ったお墓を選び、時期を見て家族に話してみるといいでしょう。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。