横浜に改葬する方法

埋蔵もしくは収蔵されている遺骨を新しく購入した墓地や納骨堂などに移動することを改葬と言います。
この改葬を行うには「墓地、埋葬等に関する法律5条」により市区町村長の許可が必要となり、手続きのタイミングは新しく遺骨を納める場所を決めてからです。場所は遺骨を移動する前の市区町村役場になります。

改葬を行うにあたっては、他にも様々な手続きが必要になってきますので、ここではその具体的な方法について詳しく説明していきます。

改葬許可申請書の書き方

改葬にあたっては、まず新しい墓地を探し契約をする必要があります。その後、現在(遺骨を移動前)の霊園を管轄する市区町村役場に行き「改葬許可申請書」を入手します。
この改葬許可申請書は、市区町村によってはホームページからダウンロードが可能なところもありますので、あらかじめ市区町村役場に確認しておきましょう。

改葬許可申請書は市町村により書式が異なりますが、例えば横浜市であれば、死亡者の本籍、住所、氏名、性別、死亡年月日、埋葬または火葬の場所と年月日、改葬の理由、改葬の場所、申請者と死亡者の続柄などを申請者が記入する必要があります。

また、これらの項目の中で分からないことがあれば墓地の管理者である寺院や自治体に墓籍簿を閲覧させてもらうか、戸籍謄本もしくは除籍謄本を取り寄せて調べるなどの調査が必要ですが、調査しても分からなかった場合には「不明」と書きます。

改葬許可申請にあたっての必要書類と申請先

改葬許可申請書は、移動前の墓地の管理者が発行した埋蔵証明と一緒に提出するか、改葬許可申請書の墓地管理者証明書欄(市区町村により項目名は異なる)に墓地の管理者が墓地の所在地や管理者住所などを記入する必要があります。

また、改葬許可申請者が墓地使用者と異なる場合には、申請者が改葬手続きを行うことを承諾するという旨の委任状や承諾書に、墓地使用者の署名が必要です。

改葬許可申請は記入済みの改葬許可申請書と手数料(無料の自治体もあります)、必要に応じて埋蔵証明、委任状もしくは承諾書を揃えて市区町村役場(横浜市においては区役所)に提出します。
申請者による改葬許可申請後は、申請書類を受け付けた役場から「改葬許可証」が発行されるので遺骨を移動する前の墓地の管理者に提示します。この際、改葬許可証は返還してもらい、その後、新しい墓地の管理者に提出するようにします。

新しい墓地へ納骨するまでの一般的な手順

また、改葬手続きが済んでもただちに遺骨を移動できるわけではなく、閉魂法要(お魂抜き)を僧侶にお願いすることが一般的です。閉魂法養はお墓から仏心を抜き、その後、遺骨を引き上げ墓石を処分していきます。
そして、新しいお墓では開眼法養(お魂入れ)を行い墓石に仏心を入魂し、遺骨を納骨します。地域や墓地管理者によっては改葬のルールが異なるので、事前に移動する前の墓地の管理者と新しい墓地の管理者に必要な手続きについて問い合わせておくようにしましょう。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。